奈良市で肩こり・腰痛のお悩みなら改善率80%以上の実績をもつひろ鍼灸整骨院へ

ひろ鍼灸整骨院


腰痛にならない座り方

腰痛になる原因の一つとして、長時間同じ姿勢で座っているというのがあります。特に悪い姿勢で座ってしまっていると腰痛になりやすいのですが、ではどういった姿勢で座っているのが腰に良くないのでしょうか?

腰に悪くない姿勢

単純に座ると言っても腰を深く曲げる姿勢は、腰にかなり良くないです。胸を張っているよりもゆったり・だらりと座っている方が楽に感じやすいでしょうが、実際にその姿勢でずっといてると本来前弯するべき腰椎が後弯してしまい、生理的な弯曲がなくなるために腰に良くないです。

そのため腰の角度は浅く、股関節の角度は90°以上の方が良いですね。そうすることで背中もビシッと伸ばすことが出来て、腰への負担も減り腰痛になりにくいです。

床に座ると腰を痛めやすい

床に座ると上記した腰の角度が深い状態になってしまいがちです。足を伸ばす長座・あぐらなどと言った姿勢は腰を丸めてしまいがちで、腰痛になりやすいです。

逆に正座は姿勢が良くなります。なぜなら正座の場合はお尻の下に自分の足を挟み込んで椅子のようにしている状態です。ですので床に座る場合は正座が腰に良いのですが、ずっと正座もしんどいですよね(笑)。

床よりも椅子に座った方が腰に良い

床と違い、椅子だと姿勢を伸ばしやすいです。足を下におろす分、股関節の角度が浅くなって腰にかかる負担が減るからです。

出来たら椅子にも浅く座った方が良いです。背もたれに体重をかけるよりも浅く座って脚に体重を分散させた方が腰には楽ですね。

柔らかい椅子より硬い椅子

硬い椅子の方が楽なことが多いです。この場合の柔らかい椅子というのはソファみたいな沈み込む椅子です。

ソファだとズーンと後ろに沈み込んで腰の角度が深くなり、腰に一番体重がかかります。リラックスしているのは間違いないですが、じわじわと腰に負担がかかり起き上がるときに腰が痛いっていうことも多々あります。

ソファや床に絶対に座っては駄目!というわけではないのですが、これらを意識していると腰痛になるリスクはかなり下げられます。腰痛が気になる方は是非意識してみてください。

ひろ鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒631-0013
奈良県奈良市中山町西1-730-8
ブレバリービル101
アクセス:
近鉄奈良線学園前駅からバスで5分
登美ヶ丘1丁目のバス停から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0742-49-6959
受付時間:
平日
8:30~12:00
15:00~20:00 

土曜日
8:30~12:00
休業日:
土曜日午後・日曜日 ※祝日は診療しています!

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ