奈良市で肩こり・腰痛のお悩みなら改善率80%以上の実績をもつひろ鍼灸整骨院へ

ひろ鍼灸整骨院


腰部脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症は背骨の中の脊柱管と呼ばれる空洞が狭くなって神経が圧迫されてしまい、さまざまな症状を起こします。脊柱管は背骨全体にあるのでどこでも起こる可能性はあるのですが、腰部に一番発症しやすいです

腰痛や脚のしびれで悩まれて来院される方で腰部脊柱管狭窄症と診断された方は多いです。特に「歩いているとお尻や脚がしびれて歩けなくなる」という間欠性跛行を訴える方が多いですね。

なにが原因でなってしまうの?

長時間座っている姿勢でいることや、運動不足などが原因として挙げられます。また肥満体型で前かがみが多いのも脊柱管狭窄症になりやすいです。

分類

  • 神経根型
  • 馬尾型
  • 混合型
競作された神経がどの部位かによって分かれます。神経根型だと左右片方だけだったり、逆に馬尾型だと両側に症状が出たりします。またこの2つが合わさった混合型という状態もあります。

症状はどんなものがあるの?

腰から下半身の痛みやしびれ
腰椎の神経が圧迫されているために痛みやしびれが発生します。軽くしびれていて不快感を感じるレベルから、歩けなくなるレベルまであります。

また妙に熱く感じたり冷たく感じたりする感覚以上も起こります。足の裏がビリビリするような皮膚感覚の異常もあります。

排尿・排便障害
おしっこがちゃんと出きらない、頻繁にトイレに行きたくなる(頻尿)などがあります。また気付かないうちに出てしまっているということもあります。

間欠性跛行
歩行中に徐々に腰や足に痛みやしびれを感じて、歩けなくなってしまう症状です。痛くてしばらく屈んで休むとまた歩けるようになり、また歩いていると痛み・しびれを感じて歩けなくなってしまいます。

腰部脊柱管狭窄症の一番の特徴的な症状です。こちらがあれば真っ先に脊柱管狭窄症を疑ったほうが良いでしょう。

治療法

症状が改善するために手術を選択する場合も少なくありません。ですがどうしても手術を避けたい場合や、症状がそこまで重くない場合は保存療法になります。

当院では狭窄症の部位の血流を良くなるように、ホットパックによる温熱療法から始め、腰の周囲の筋肉をしっかりとゆるめて血流が良くなるように筋肉の治療とはり治療を行っていきます。

いわゆる根っこの狭窄部位はなかなか改善しにくいのですが、歪みを作ってしまっている原因の一つが筋肉の緊張でもあるので、そちらを緩めていけば改善に繋がります

ひろ鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒631-0013
奈良県奈良市中山町西1-730-8
ブレバリービル101
アクセス:
近鉄奈良線学園前駅からバスで5分
登美ヶ丘1丁目のバス停から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0742-49-6959
受付時間:
平日
8:30~12:00
15:00~20:00 

土曜日
8:30~12:00
休業日:
土曜日午後・日曜日 ※祝日は診療しています!

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ