奈良市で肩こり・腰痛のお悩みなら改善率80%以上の実績をもつひろ鍼灸整骨院へ

ひろ鍼灸整骨院


腰痛の際の気を付ける動き

普段健康な時なら気にならない動きも、強い腰痛が出ているときには痛く感じたり動かせなくなることがあります。痛めている部位の筋肉を伸ばしてしまったり、縮こめてしまうと痛みを感じてしまいます。

足元にある物を拾うとき

低いところにあるものを拾う際は、普段なら腰を曲げて拾いますよね。何気なくするものですが、これは腰にとって非常に危険です。

腰を痛めている人がその動きをしてしまうと痛めている腰の筋肉を伸ばしてしまう上に、上半身の重さが腰に大きくかかってしまうのでかなり強い痛みを感じます。また特に腰に痛みを感じていない人でも、その動きをすることで腰痛を作ってしまう可能性が高い動きです。

低く屈まなければならないときは膝をしっかりと曲げて腰に負担をかけないようにする動きが良いです。そうすれば腰に負担がかからないので腰痛の予防にもなります。

寝ている状態から起き上がるとき

仰向けで寝ているときに起き上がるときは腹筋を使って真っすぐ起きるのが普通ですが、腰が痛い時にその動きをすると悪化してしまいます。腰痛の際は腹筋や背筋を使った動きをすると腰に強い負担がかかるからです。

起き上がる際はまず横向きになってから、腕の力を使って徐々に上半身を起こしていきましょう。ベッドならば膝から先の足をベッドの外に出せば自然に起き上がることが出来ます。

この動きは腰痛の方だけではなく、腹筋が弱ってしまい真っすぐ起きられない方にもおススメです。

イスから立ち上がるとき

腰痛が酷いとイスから立ち上がるのさえ辛いこともあります。真っすぐ立ち上がるのも、寝ている状態から起き上がるのと同じように腹筋を使うので腰を痛めている場合はきつく感じますね。

立ち上がる際に机や手すりなどに手をかけて身体を持ち上げるように体重を分散させると腰への負担は軽くなります。そうすることで痛みは出にくいですね。

もし手を置くところが無いのであれば、自分の膝や太ももに手を置いて体重を分散させましょう。そうすることでも腰への負担は軽減できます。

ひろ鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒631-0013
奈良県奈良市中山町西1-730-8
ブレバリービル101
アクセス:
近鉄奈良線学園前駅からバスで5分
登美ヶ丘1丁目のバス停から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0742-49-6959
受付時間:
平日
8:30~12:00
15:00~20:00 

土曜日
8:30~12:00
休業日:
土曜日午後・日曜日 ※祝日は診療しています!

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ