奈良市で肩こり・腰痛のお悩みなら改善率80%以上の実績をもつひろ鍼灸整骨院へ

ひろ鍼灸整骨院


咳やくしゃみによるぎっくり腰

腰痛の中でも急に強く腰を痛めてしまうのをぎっくり腰と言うのですが、その原因は様々です。その原因の一つとしてなったことがない人には信じがたいのですが、咳やくしゃみでぎっくり腰になってしまうこともあるのです。

なぜ?咳やくしゃみでぎっくり腰になるのか

そもそも咳やくしゃみは何故起こるのかということです。咳やくしゃみはのどや気管に異物などの違和感を感じ、それを外に排出しようという反射的な動きからなります。

その排出しようとする一瞬、ギュッと腹圧を高めます。腹筋や腰の筋肉を強く絞めるため、腰に大きな負荷がかかります。その負荷が腰の筋肉を強く痛めてぎっくり腰になってしまうのです。

どうすれば防げるのか

咳やくしゃみをしないでください!と言ってもそれは無理ですね。咳やくしゃみをしても大丈夫な姿勢ややり方を理解していればぎっくり腰は防ぐことが出来ます。

中腰でやらない
一番駄目なのが立っていて腰を丸めた状態で咳やくしゃみをおこなうことです。ただでさえ腹圧を高めて腰に負担がかかるのに、中腰だと一気にぎっくり腰になる可能性が上がります。

立っている状態ならば、軽く腰を反らしている方が危険は少ないです。

どこかに手を着いて行なう
咳やくしゃみをするときに机や壁などに手を着くのも効果的です。そうすることで腰にかかる負担を分散させることが出来るので、痛める可能性が減ります。

腰に手を当てながら行なう
咳をするときには手を口に当てて飛ばないようにしてしまいます。もちろん周りのことを考えたらその方が良いのですが、腰のことを考えるのなら手を腰に当てた方が安全です。

腹圧を高めるために腰の筋肉に大きな負担がかかりますので、その負担を軽減するためにも腰に手を添えることで筋肉の負担を減らすことが出来ます。周りに人がいないときや、マスクしているときにすると良いでしょう。

ひろ鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒631-0013
奈良県奈良市中山町西1-730-8
ブレバリービル101
アクセス:
近鉄奈良線学園前駅からバスで5分
登美ヶ丘1丁目のバス停から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0742-49-6959
受付時間:
平日
8:30~12:00
15:00~20:00 

土曜日
8:30~12:00
休業日:
土曜日午後・日曜日 ※祝日は診療しています!

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ